【GOOM水筒】電車好きな子におすすめ !1年使った正直レビュー

【GOOM水筒】電車好きな子におすすめ!1年間使った正直レビュー買ってよかった
そらなむ
そらなむ

息子の2歳の誕生日に水筒が欲しい!

でも息子が好きな電車柄のかわいい水筒ってあんまり無いなぁ。

電車柄の水筒を検索すると、プラレールや新幹線などリアルな電車の柄ばかり出てくるんですよね。

まだこの頃息子はプラレールを知らなかったので、イラスト調のかわいらしい電車の水筒を探していました。

できれば飲み口が替えられて洗いやすいもの。

そんなある日、友達からGOOMの3WAY水筒をおすすめされて一目惚れ。

  • かわいいイラスト調の列車柄
  • 3WAYで使える
  • 保温性、保冷性に優れている
  • 洗いやすく清潔

と、GOOMの3WAY水筒(夢想列車)は多機能で長く使えて、かわいい電車柄!即購入しました。笑

そんなGOOMの3WAY水筒を1年間使ってみた正直な感想をメリット・デメリットを中心に紹介したいと思います

この記事を読むと

・GOOMの3WAY水筒の基本情報
・1年間使ってみての感想〈気に入っているところ・イマイチなところ〉
・検索候補に出てくる「パッキン」「ストロー」ってなに?

がわかります!

そらなむ
そらなむ

電車が好きな子へのプレゼントを探してる人・GOOMの3WAY水筒が気になっている人におすすめの記事だよ!

GOOMの3WAY水筒の商品情報

GOOM 3WAY水筒セット一式

商品内容

商品内容は写真の通りです。

飲み口はそれぞれ袋に小分けで入れられていて清潔感がありました。

  • ステンレス製ボトル
  • ストロー飲み口(飲み口、フタ、ストロー、ノズル、パッキン)
  • コップ飲み口(注ぎ口、コップ)
  • 直飲み口(飲み口、フタ、蝶番、パッキン)
  • ボトルカバー
  • 肩掛けベルト
  • 極細ブラシ

基本情報

公式ページがないようなので、商品パッケージやネットに記載されている情報を表にまとめました。

多少文章が不自然な部分があると思いますが、全てパッケージにある原文のまま書いています

商品名GOOM真空断熱ストローボトル(夢想列車)
容量520ml
口径Φ45mm
商品重量240g
サイズ約Φ60mm×200mm
色(種類)4種類(夢想列車、マジック・ユニコーン、満目星河、半島クッキー)
ブランドGOOM
ブランドオーナー日本格み株式會社
メーカー寧波快馬加鞭科技有限公司
MADE IN中国

容量は470mlと520mlがあり、私はこれから先長く使うことを考えて520mlを購入しました。

そのため口径や重量などは520mlのものになります。

重量は実際に測ったところ、ボトル部分が195gで飲み口ごとに比較するとこのようになりました。(どの飲み口をつけても商品重量の240gはこえますね…)

ストロー飲み63g
コップ飲み(注ぎ口+コップ)68g
直飲み56g

種類は4種類ありますが、現在販売されているものは【夢想列車】【マジック・ユニコーン】の2種類のようです。(2022年7月現在)

↓私はこちらの【夢想列車】を購入しました。レビューの内容もこちらのデザインになります!

GOOMの3WAY水筒を1年間使ってみた正直な感想

長男が2歳になったばかりの時に購入して、もうすぐ1年が経ちますが特に大きな問題なく現在も使っています。

基本的にストロータイプで使用していますが、リュックに入れて横倒しになったり逆さになったりしても漏れたことはありません。

外に持って出る時は基本カバーをつけて行くので地面に落としても大きな傷ができることもなく、あと数年はきれいな状態で使えると思います。

続いて、1年間GOOMの3WAY水筒を使った私が思う、この水筒の【イマイチポイント】と【おすすめポイント】をご紹介します。

GOOMの3WAY水筒のイマイチポイント

正直わたしはこの水筒が気に入りすぎて、イマイチ…と思うところはないです。笑

しかし、人によっては2つほどイマイチポイントになるかもしれないところを紹介しておきます。

1つ目はちょっと重いところです。

金属製で二重構造になるとどうしても避けられないのが重くなってしまうことですよね。

息子がいつも外に持って行くスタイルで計測すると、その重さ837g。

ストロータイプの水筒+カバー+満タンの水

いわゆる“魔法瓶”の水筒はだいたいこれくらいの重さになりますし、最終的には私のリュックに入ることになるので「少し重いな〜」と感じるくらいです。

でも、2歳くらいの子どもが持ち続けるには、肩掛けベルトを使っても少し重たいかもしれませんね。

軽い水筒を探しているママ・パパは魔法瓶はどれも重たいので、保温性を気にしないのであれば金属製以外のものをおすすめします。

2つ目はオーブン・レンジ・食洗機・食器乾燥機は使えないところです。

あまり水筒をオーブンやレンジに入れるという話は聞きませんが、食洗機で洗いたい人はいるかもしれません。

我が家には食洗機がないので気にしませんでしたが、普段食洗機を使っている方は水筒を洗う際は手洗いのみになるので注意が必要です。

ちなみに…

この水筒はステンレス製のためスポーツドリンクやオレンジジュース、乳酸飲料などは容器内部の金属腐食による中毒の恐れがあるため入れないほうがいいと思います。

GOOMの3WAY水筒5つのおすすめポイント

私がGOOMの3WAY水筒で気にいっているおすすめポイントは以下の5つです。

それでは、それぞれのお気に入り&おすすめポイントを詳しく説明します!

かわいい電車のデザイン

ボトルとカバーに描かれた列車のイラスト
ボトルとカバーに描かれている列車のイラスト

リアルな電車じゃなくて、かわいい電車がデザインされた水筒…これが意外とないんですよね。

この水筒は手描き風の列車がなんともかわいらしくて、電車が好きな息子も大喜びでした。

また水筒の色合いがシックでイラストもシンプルなため、子どもが成長しても長く使えるデザインだと思います。

付属品の水筒カバーにも同じイラストが描かれていて、カバーをつけてもかわいいですよ!

そらなむ
そらなむ

“こんなかわいい水筒探してた!!”

私的ナンバーワンお気に入りポイント♡

子どもでも使いやすい

GOOM 3WAY水筒の底面のラバー・直のみとコップのみの飲み口
底面のラバー・直飲みとコップ飲みの飲み口

普段よく使うストロータイプの飲み口はボタンを押すだけで簡単にフタが開き、すぐに飲むことができます。

水筒によってはボタンが硬かったり押しにくかったりしますが、この水筒は力がそんなにいらず2歳の子どもでも簡単に開けられました。

ボトルは広口なので夏場は氷を入れやすいし、「自分でやりたい!」な時期の子どもは水やお茶を自分で入れやすいのも親としては嬉しいポイントです。

そしてボトルの底面には滑り止めラバーがついているので、テーブルの上に置いてある水筒を「手が当たって落としちゃった!」ということもないはずです

成長に合わせて使える3WAY

3WAYで使える3種類の飲み口
3WAYで使える3種類の飲み口

GOOMの3WAY水筒は“3WAY”とあるように、飲み口を付け替えることで【ストロー飲み・コップ飲み・直飲み】ができます。

息子は購入当初から現在までストロー飲みで使っていますが、シリコンストローでやわらかいためストローで吸うことができる1歳くらいから安全に使えると思います。

コップ飲みは今のところほとんど出番がないのですがこれから幼稚園や保育園に通うようになった際、園によってはコップ飲みできる水筒持参が求められると聞くので、もしそうなっても安心ですよね。

直飲みはまだ「絶対にこぼす!」と思って使ったことはないですが、だいたい4,5歳くらいからその後小学校低学年くらいまでは容量的にも十分使うことができそうです。

そらなむ
そらなむ

3WAYで飲み口を替えるだけで長く使える!

お財布にも優しくて嬉しすぎる♪

保温・保冷に優れた真空二重構造

ステンレス製真空二重構造のボトル
ステンレス製真空二重構造のボトル

GOOM3WAY水筒はステンレス製の真空二重構造で作られているので、保温力・保冷力にとても優れています。

パッケージにはのように記載されています。

保温効力:77度以上(6時間)
保冷効力:8度以下(6時間)

保温効力とは、室温20度±5度に置いて製品に熱湯を水位線まで満たし、温湯が99度±1度の時から飲み口を付けて6時間放置した場合におけるその湯の温度です。
保冷効力とは、室温20度±5度に置いて製品に4度±1度の水を水位線まで満たし、水温が4度±1度の時から飲み口を付けて6時間放置した場合におけるその水の温度です。

GOOM子供用保温カップパッケージ 商品説明欄、付注欄

熱湯を入れることはほぼないと思いますが実際に温かいお茶で試してみると、朝にお茶を入れて約6時間後の昼を過ぎても冷たくなることはなく温かいままで飲むことができました。

また、夏場に氷を入れた水も6時間は十分に冷たいままで飲むことができました。

そらなむ
そらなむ

夏は暑さによる熱中症も怖いし、水筒内の温度が高くなると衛生面も気になるから、保冷効果が高いのは良いね!

途中フタを開けたり中のお茶を飲んだりしていたにもかかわらず、温かさや冷たさを保持できるのはステンレス製真空二重構造だからこそです。

分解して洗えるので清潔

ストロー・ノズル・パッキン・極細ブラシが付属している
ストロー・ノズル・パッキン・極細ブラシ

水筒を洗うとき、飲み口部分のパッキンやシリコンストローってカビや汚れが気になりませんか?

このGOOMの3WAY水筒はパッキンやストローを全てはずすことができるのでカビや汚れの心配がありません。

そしてとっても嬉しいのが、シリコンストローを洗うための極細ブラシが付属品として箱に入っていることです

長いストローを端から端までブラシで洗えるのは衛生的で本当にありがたいですよね。

ボトルの方は上部に向かって緩やかにくびれているので角などに汚れなどが溜まらず、ボトル用スポンジを使えばきれいに洗うことができますよ。

気になる検索候補“GOOM 水筒 パッキン”って何?

Googleで「GOOM 水筒」と調べると、いくつか検索候補が出てきます。

その中で気になるのが上から3つ目の“パッキン”と5つ目の“ストロー”の文字です。

どんな内容なのか調べてみると、パッキンやストローなどの消耗品の部品販売の有無について質問が多くあがっていることでヒットしたようです。

パッキンやストローは外して洗うことができるため洗浄中に紛失したり、劣化によって割れてしまったりするので追加で購入したい人がいるのだと考えられます。

 

その他、直のみ用パッキンやフタの蝶番など劣化しそうな部品に関しての販売は確認できていません

もしかしたら購入したサイトなどで独自で対応などが可能かもしれないので、もし購入される際は各店舗やサイトへ問い合わせてみてくださいね。

部品販売について情報が見つかり次第、追記したいと思います。

まとめ:GOOMの3WAY水筒(夢想列車)は電車好きなお子さんにおすすめのかわいくて機能的な水筒!

今回は『GOOMの3WAY水筒(夢想列車)』の実際使ってみた感想とともにおすすめポイントを紹介しました。

そらなむ
そらなむ

この水筒のかわいさ♡

伝わりましたでしょうか?

「GOOMの3WAY水筒が気になっていて、もっとこんなことが知りたい!」という方がいましたら、コメントしていただければ実際の使用感などお伝えしますので気軽に聞いてください♪

またそろそろ子どもの水筒が欲しいなと思っている方、かわいい電車の水筒を探しているという方はぜひ1度チェックしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました