【端午の節句】由来と願いは?初節句の準備からお返しまでざっくり解説!

子育て応援

5月5日は『端午の節句(たんごのせっく)』です。

みなさんは端午の節句、具体的に何をする日か知っていますか?

そりゃあ、兜や鯉のぼりを飾って子どもの成長をお祝いする日でしょ?
だって5月5日は「こどもの日」とも言うもんね。

そらなむ
そらなむ

ん~半分正解、半分間違い!

確かに5月5日もこどもの日。

でも実は、端午の節句とこどもの日は別モノなんです。

それならいったい端午の節句は何をお祝いする日なんでしょう?

知ってるようで知らない『端午の節句』の由来や込められた願いについての解説と

子どもの初めての節句をお祝いする準備からお祝いのお返しまで気になるポイントをざっくりまとめてみました!

この記事を読むと、

・『端午の節句』の由来と願い
・初節句の準備~当日、お祝いのお返しですること

がわかります!

そらなむ
そらなむ

由来や込められた願いに関しては諸説あり。

でもちょこっと豆知識として覚えておくといいかも♪

子育てママパパ・プレママパパは初めての節句祝いはバタバタしがち!

いつから準備をはじめるか、誰が用意するのかまとめてあるのでぜひ参考にしてみてね。

『端午の節句』の由来と願い

端午の節句とは五節句(年に5回ある節句)のうちの1つです。

【五節句】
 1月7日 人日:じんじつ(七草粥を食べる日)
 3月3日 上巳:じょうし/じょうみ(女の子の健やかな成長を祈る日)
 5月5日 端午:たんご(男の子の健やかな成長を祈る日)
 7月7日 七夕:たなばた/しちせき
 9月9日 重陽:ちょうよう(不老長寿を願う日)

端午の「端」は「はじめ・最初」、「午」は十二支の「午(うま)」を意味しています。

奈良時代に日本に伝わった際、午の月は旧暦で5月のことで「端午の節句=5月の最初の午の日」だったので、その年によって日にちが違いました。

しかしその後、「午」という字が「五」と同じ読みであることから「端午の節句=5月5日」となりました。

そして江戸時代になると、幕府が端午の節句を祝日に定めました。

武家社会では以前から葉菖蒲による厄除けを行われていましたが、この頃から五月人形を飾って「男の子の厄除けと立身出世」を願うようになったといわれています。

『端午の節句』に飾る鎧や兜・こいのぼり

端午の節句に飾るこいのぼりや兜を総じて「五月飾り」といいます。

どちらも江戸時代で生まれた風習で、鎧や兜は武家社会から生まれ、こいのぼりは町人文化から生まれました。

それぞれの飾りに込められた願いについて説明します。

まず鎧や兜は「身体を守るもの」という意味があります。

鎧や兜と聞くと「戦などで着用する道具」のように思われがちです。

しかし、決して我が子を戦地へ向かわせるという意味ではなく、武士にとって鎧や兜は自分の身を護る道具なのです。

このことから現代では五月人形を飾り、子どもを病気や事故から守りたくましく育ってほしいという願いが込められています。

こいのぼりのモチーフである鯉は、川や沼など様々な環境でも強く生き抜くことのできる生命力の強い魚です。

中国の「登竜門伝説」では、鯉が滝を登り天まで行くと龍になるといわれています。

鯉は出世の象徴であることから、こいのぼりを飾って子どもがどんな環境でも力強く生き抜き立派に出世してほしいという願いが込められています。

『端午の節句』に食べる行事食

端午の節句で食べられる代表的な食べ物に柏餅とちまきがあります。

今では端午の節句が近くなると、柏餅が全国のスーパーやコンビニで並ぶようになります。

しかし昔は、関東では柏餅・関西ではちまきが主流でした。

まず柏餅は江戸で生まれ、端午の節句に供えられるようになりました。

柏餅を巻いている柏の葉は、新芽が育ってから古い葉が落ちる(=葉が途切れない)という特徴があります。

このことから柏餅は、子孫繁栄(家系が途切れない)と掛けて縁起がいいとされています。

一方関西でよく食べられるちまきは、米粉で作られた円錐形の甘い団子です。

ちまきが端午の節句で食べられるようになった歴史は柏餅よりも古く、奈良時代から平安時代に中国から伝わったものといわれています。

中国で行われていた厄払いの風習が日本に伝わったのち近畿地方を中心に白い団子のちまきを供え行事食として食べることが広まりました。

その厄払いの風習から、ちまきは災厄や疫病を避け健やかに成長してほしいという願いが込められています。

『端午の節句』に入る菖蒲湯とは?

菖蒲湯イメージ

菖蒲湯とは、菖蒲を浮かべたお風呂のことで端午の節句に入る風習があります。

菖蒲湯に使われるのは葉菖蒲(はしょうぶ)とも呼ばれ、アヤメを意味する花菖蒲とは別の植物です。

昔の中国ではこの葉菖蒲の強い香りが邪気を払うとされていました。

そのため、家に飾ったり菖蒲酒として飲んだり菖蒲湯に入ったりしていたようです。

この風習が日本にもちこまれ「端午の節句には無病息災を願って菖蒲湯に入浴する」という文化が広がりました。

端午の節句が定着した江戸時代は武家社会だったため、菖蒲という言葉が「勝負」「尚武」に掛けられ、武士の間では盛んに祝われていたようです。

『こどもの日』とは別モノ

先ほど『端午の節句』は男の子の節句と書きましたが、『こどもの日』はというと国民の祝日に関する法律の第2条にこう書かれています。

こどもの日 5月5日
こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。

国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)

こどもの日は男女の区別なく全ての子どもの幸せを祝う日ということです。

また、子どもだけでなく子どもを産み育てる母親も感謝をする日でもあるようです。

そらなむ
そらなむ

今では5月5日は男の子限定より「子どもの成長を願いお祝いをする」っていうイメージが強いね。
でも本来の「母に感謝する」にあまり馴染みがないのは、同月に『母の日』があるからかな?(あくまでも推測です)

初節句の準備からお祝いのお返しまで

男の子が生まれて初めて迎える5月5日を初節句としてお祝いします。

初節句を祝う習わしは江戸時代から続いているものです。

赤ちゃんが必ずしも大人になるまで生きられるわけではなかった時代だからこそ、丈夫に逞しく成長してほしいという強い願いが込められていたのでしょうね。

そんな初節句の気になるポイント

・お祝いに向けての準備
・当日のお祝いの仕方
・お祝いをしてくれた人へのお返し

の3つについて解説します!

初節句のお祝いに向けての準備

五月飾りを飾る

昔は五月人形は「嫁の実家から贈るもの」とされていました。

しかし、最近では子や孫の健やかな成長を願うものとして両家が折半して贈ったり両親が子のために買ったりと、誰が買うかに関しては柔軟にその家庭に合ったスタイルが選ばれるようです。

我が子の成長を願って購入するわけですから、ぜひ両親や義両親とよく相談して決めてくだね。

私は事前のリサーチ不足&両親や義両親への連絡不足により、初節句たくさん失敗しています。

飾る時期は家庭にもよりますが、五月人形は春のお彼岸を過ぎてから、こいのぼりは4月上旬頃から飾るといいとされています。

そのためどちらも4月入ってから飾り始めるのが一般的だと思います。

春のお彼岸とは、『春分の日』を中日とした前後3日の計7日間のこと。

一方で他の節句同様、前日や当日に飾ることを「一夜飾り」と呼び縁起が悪いとされています。

ギリギリになって慌てて飾ることのないよう早めに出すようにしましょう。

そらなむ
そらなむ

ちなみに、五月飾りを片付ける日に決まりはないよ!

お祝いが終わったら片付け始める家庭が多いから、5月の連休中に片付けてしまうのがいいかも。

端午の節句の行事食

初節句のお祝いは、家庭によっては親戚一同集まって食事会をするところもあるかもしれません。

端午の節句のお祝いする際、代表的な行事食として柏餅やちまきを食べる風習があります。

今ではスーパーやコンビニなどでも端午の節句が近づくと陳列されていることが多いですが、昔ながらの米屋や和菓子屋などでも手作りのものが売られていることがあります。

また最近では新しい行事食として、兜やこいのぼりをかたどった料理を作る家庭が増えているようです。

例えば、こいのぼり型のサンドイッチやちらし寿司、兜型のケーキやアップルパイなど他にも色々あります。

こいのぼりのエビフライ

初節句の赤ちゃんは食べられないですが、子どもが好きなメニューばかりで彩りもありそうですね!

せっかくの初節句なのでみんなで楽しく食べられる、こだわりの行事食を揃えてもいいかもしれません。

葉菖蒲を買っておく

端午の節句では、全国の銭湯で菖蒲湯のイベントが行われるなど葉菖蒲を浮かべたお風呂に浸かる風習があります。

また菖蒲湯以外にも家の屋根や軒下に挿したり、菖蒲酒を飲んだり、枕の下に菖蒲を敷いた菖蒲枕で寝たりと端午の節句で葉菖蒲は様々な用途で使われます。

しかしながら葉菖蒲はスーパーで購入するとなると、端午の節句までの数日間しか店頭に置かれておらず、当日は売り切れ…なんてことがあります。

もし葉菖蒲を使ってお祝いをするなら、当日ではなく早めの準備をおすすめします。

端午の節句当日にすること

盛大にお祝いしてあげましょう!

お祝いの仕方に決まりはありませんが、親戚を招いてお祝いのお膳を囲むのが一般的だと思います。

赤ちゃんの初節句をたくさんの人から祝ってもらうとともに、すくすくと大きく成長した姿をみんなに見てもらって成長を喜ぶ場になるといいですね。

お祝いのお返しはどうする?

お祝いに来てくれた方へのお返しは特にないとされています。

しかしせっかく来ていただいた感謝の気持ちとして、お土産を渡すのはいいと思います。

最近では赤ちゃんの顔や名前が印刷されたお菓子などのギフトも多く販売されています。

名入りや写真入りギフトを活用するほか、節句にちなんだ食べ物として柏餅やちまきをお土産として渡すもの喜ばれますよ。

そらなむ
そらなむ

当日の流れやお返しに関しては、家の伝統や地域の習わしなど場所や人によって様々。

もしかしたらその家独自の風習もあるかもしれないので、1度両家に確認を!

まとめ

いかがでしたか?

今回は端午の節句についてざっくりとまとめてみました。

端午の節句には長い歴史があり、飾りや食べ物ひとつひとつに意味や願いがあります。

初節句のお祝いは人生で1度きりのものなので、せっかくなら意味や込められた願いを感じながら赤ちゃんのお祝いができるといいですね♪

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました